スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おおつち新山高原ヒルクライム

加藤@ねこばばです。
ひさしぶりの投稿になります。
今年は暖かい日も多いので自転車乗っている方も多いのでは!

さて宮古のサイクルショップ「ビチスポーツMORIAI」の盛合さんから大槌でヒルクライムがあるという連絡をもらいました。
震災からこの3月で丸5年。
あっという間だった気がしますが、まだまだ三陸沿岸は復興には程遠い風景です。
けれども3年前から開催されるようになったツールド三陸(陸前高田から大船渡)、2年前のツールド東北(石巻から気仙沼)や、
震災翌年からレース再開した南三陸町歌津の「たつがねMTB大会」など、がんばっているサイクリングイベントがあります。
その中で、同じように被害の大きかった北三陸の沿岸部にある大槌町は震災で町長も亡くなったりして混乱も大きかったせいか、
ようやくスポーツイベントを開催できるようになったそうです。
今回のヒルクライム大会は三陸エリアでは初のヒルクライムの大会。
第一回大会ということもあり、パレード走行もあるようなので、観光がてら行ってみませんか。
大槌町は花巻から釜石へ出て北上するか、盛岡から宮古へ出て南下するなど、ツーリングしながら現地入りするのもいいと思いますよー。下記がコースのルートラボです。
関東近郊だと人気のあるヒルクライム大会はあっという間に定員いっぱいになってしまいます。
たまには遠出して岩手で、第一回大会のヒルクライムに参加してみませんか。

追記:
大会参加できなくても公式ジャージ購入すると大槌町と三陸鉄道へ各々500円、1000円が寄付されるそうです。WaveOneの協賛だそうでーす。アタシも購入検討中^^ 大会行けないけど購入したいなーっていう方、下記からどうぞ〜!

大会公式サイト

大会申込はここからどうぞ。

おおつち新山高原ヒルクライム大会公式ジャージ購入はここ  

おおつち新山高原ヒルクライム コースマップ(計測区間)

おおつちヒルクライム

おおつち新山高原ヒルクライム_公式ジャージ販売告知
スポンサーサイト

2012年下半期のこころさをりへの寄付

加藤@ねこばばです。

先ほどのエントリーとも一部関連していますが、
掲示板にヒロミさんから投稿がありましたので、こちらへも転載しておきます。

ねこばばチャリティグッズはヒロミさんが仕事や家事の合間をみて、一人で製作してくれています。
ノートカバーやパスカード入れなどのほか皮製のオリジナル根付けも作っており、注文にも応じてくれています。
今回は私はA4サイズのノートカバーをお願いしました。
このノートカバーを買った代金の一部も石巻のこころさをりへ渡ります。
行先のわかる寄付はこれからも続けられる支援の一つ。

震災から1年9か月たち報道も少なくなってきた今日この頃。
みなさんも小さくても続けて行けることを探してみてください。


---以下はヒロミさんの書き込みしてくれた掲示板からの転載です。---

今年も残すところあと1ヶ月を切りました。
忘年会も今年は、チームメイトのおめでたい話もあって〜ハッピームード全開〜!!
楽しい時間になりました。

さて、今年もねこばばチャリティーグッズのご協力ありがとうございました!
2012年の収支報告をさせていただきます。
(材料費分は除いての寄付なので実際の売上とは少し違うことをご了承ください)

6月 サマーキャンプの打ち合わせにて
   ノートカバー1冊、ネコホルダー2個、計800円

7月 サマーキャンプにて
   ネコホルダー16個、1km=10円運動(げんちゃん)¥1550円、計3950円

8月 板橋会にて
   ネコホルダー4個、カンパ(加藤さん)¥325円、その他カンパ¥100円、計1025円

11月 山猫亭様にて
    ネコホルダー5個、ブックカバー2個、計1550円

12月 忘年会にて
    ネコホルダー8個、ノートカバー1個、ステッカー1枚、パスモケース2個、計2400円

合計¥9725円となりました。

今年も責任を持ってNPO法人輝くなかまチャレンジド 地域活動支援センターこころ・さをりに送金いたします。

皆様〜ご協力ありがとうごさいました!
これからも、私たちのチーム活動を通して〜応援して行きましょう〜!

---以上転載終わり---



ツールド三陸サイクリングチャレンジ2012 in りくぜんたかた(速報版)

加藤@ねこばばです。

ちゃんとレポ書く時間がないので、まずは速報版。

先週末(2012年9月8日~9日)に陸前高田市で行われた「ツールド三陸サイクリングチャレンジ2012 in りくぜんたかた」に参加してきました。

ご存じのように陸前高田は昨年の東日本大震災で多大な被害を受けたところです。
昨年11月くらいにこの話を聞いたのですが、本当に開催できると思っていませんでした。
関係者の方々は大変だったと思います。
お疲れ様でした&ありがとうございました。

ただ、実際参加してみて、改善点は多々あったと思います。
でも終わった後、実行委員長だったY先生(チームたかた)と会って、「勢いのあるうちにやってしまった方がいい」「多少不備があったとしても来年以降続けられるなら改善すればいい」という話だったので、
たしかになあー、と思いました。

参加者の話を聞くと、みんな走ってよかったと言っていました。

反面、モラルのないサイクリストもいたようで、津波の被害のあった方々のご自宅跡地に駐車をしたり、
テントを張ってしまったり、それを見て悲しい思いをした方もいたと聞きました。
大会とはいえ、まだまだ復興にはほど遠い被災地、陸前高田。

亡くなられた方や、その遺族の方(ご家族だけでなく、お友達や近所の方など、津波で亡くなられた方が知り合いにいらっしゃる方は大勢いらっしゃるんです)たちに対して、悼む気持ちをもち、その方々の気持ちを思いやって行動することが必要です。

自転車で被災地を走るということは自分の全身で「まだまだ路面がよくない」「ホコリが舞っている」「匂いも残っている」など、クルマで行って撮影だけして移動、、という訪問より、ずっとその土地の辛さがわかるので、
私もぜひ大勢のサイクリストに走りに行って、感じたことを被災地以外の方々にわかるように発信してほしいなあと常々思っていました。

そういう意味では大成功だったはず。

これを機に陸前高田だけでなく、被災エリアに走りに行く人も増えるかもしれません。
どうぞ忘れないでください。
そこには亡くなった方や、友人知人家族を亡くされて、いまだに辛い思いをされている方もたくさんいます。
なるべく少人数で、悼む気持ちをもって、地元の方や、工事車両などの邪魔にならないよう、安全重視のサイクリングを楽しんでください。
できれば地元の方とお話しをする機会を持ち、当時の話を聞いてみてください。
そして仮設店舗もすこしづつ増えてきています。
いろんなお店に入り、買い物したり、食事したりして、地元にお金を落としてください。
その上で、お勧めのものを見つけたり、美味しかったりしたら、積極的に情報発信してください。

こういうこともこれからできる支援の一つだと思います。

yuukikun03.jpg
私がいっしょに走ったファミリーコースの方々

ツールド三陸
スタートゴール地点で。
一関のくるんくるんさいくるのTAKEさんと、宮古のエンメアアッカ(車いすの方)のメンバーさんと。
(ごめんなさい。エンメアッカの方のお名前を確認するのを失念しちゃいました)

TAKEさんは2週間前に気仙沼~陸前高田を走りに行った際に気仙街道をいっしょに走ってくださった方で、
私がお手伝いしていた南三陸町歌津で行われた「たつがねMTB大会」へも来てくださった方。
エンメアッカの方は6月17日に行われた宮古での「北上山地サイクリング」(エンメアッカ主催)の際、
エイドなどをされていて大変お世話になりました。
他にもレース開催当時に選手として走っていた方や、たつがねMTBつながりの方、関東でロードレースに出ていた頃からの知人などなど、大勢の方々とお会いすることができました。

そういう意味ではとても楽しい大会でした。
大会は終わりましたが、これからも今まで同様に、陸前高田へも歌津ともども走りに行き、
そっと寄り添うことができればいいなあと思っています。
(もちろん来年大会開催されれば参加しますよん)

関係者のみなさま、本当にありがとうございました。

5月26日に「第18回たつがねMTB大会」が放映されました!

加藤@ねこばばです。

「第18回たつがねMTB大会」宮城のみの放映された「ウォチンプラス絆みやぎ」
宮城在住の方(RIDEONのしげやん様)から頂きました。
今年の大会の経緯や、大会当日の様子もよくわかります。
ぜひぜひご覧ください。
(しげやん様、ありがとうございました)

第18回たつがねMTB大会(南三陸町)が宮城のTV番組で特集として放映されました(11分)

実行委員会の方々に聞くと「来年も開催したい」とのこと。
資金的にもまだまだ大変だと思います。
ご協力頂ける方はどうぞよろしくお願いします。
(実行委員会口座は下記、大会募集要項の中に振込先があります)

第18回たつがねMTB大会募集要項

私も「第19回」が開催できるように、引き続き応援をしていくつもりです。

伊里前福幸商店街「うたちゃんショップ」と、平成の森レストラン「売店」で、
田束山山頂や田束山折り鶴看板などのイラストハガキを4枚セット300円で販売してもらっています。
歌津へ行かれた方はぜひ、買っていただければ幸いです。
売り上げは来年の大会の資金の一部になります。

集合写真

よろしくお願いします。

第18回たつがねMTB大会(宮城県南三陸町)

加藤@ねこばばです。
久しぶりの更新になります。
年度末、年度初めの仕事が忙しく、全く更新できていませんでしたが、代わりに記事をアップしてくれてた
ねこメンバーズのサポが本当にありがたいと思う今日この頃です。

さて標記の件、昨年の震災後、陸前高田とともに応援してきた南三陸町歌津地区。
このねこブログにも何度か書きましたが、私はねこばばの活動(石巻こころさをりのサポート)とは別に、
わんぱくどりーむのお手伝いで何度も南三陸町へ行って来ました。
それはこの大会のサポートをすることがとても楽しかったからです。

この大会は旧歌津町の有志の方々が始めた大会で今年で18回目となります。
昨年は震災で実行委員のみなさん、運営資金を協賛してくれていた地元商店街の多くが
津波で被災され、コースも地震の影響もあり、とても開催できずに5月を迎えてしまったのでした。
今年は何とか開催したいという実行委員のみなさんの努力で、
無事今週末「第18回」として開催されることになった次第です。
私もお手伝いに行くようになって早1年、この大会に出ていた東北各地のMTBライダーたちが、
このアットホームな大会をとても大切に思っていて、
実行委員の方々を支えているんだなあということを知りました。
大会サポートだけでなく、震災直後のガレキ撤去や、仮設店舗建築のお手伝いなどもしていました。
みんな自転車が好きというだけで集まった人たち、、すぐに仲良しになりました。
私にとってもこの1年で今まで知り合うキッカケのなかった東北のMTBライダーたちと話をし、
津波や地震の被害にあった地区への思いを聞いたりして、
何かしなくては、、と歌津入りした頃とは別の愛情のようなものが芽生えました。

MTBを購入し山へ通うようになって早15年。
山サイ研に入ってからは、山の中で峠越えやピークハントなどはしていましたが、
XCレースに出ることはすっかりなくなってしまいました。
今回、この大会の開催のお手伝いをすることで久しぶりに「XCレース出てみようかな」と思い、
今晩から歌津入りします。
なかなか厳しくも楽しいコースなので、無事完走することを目的に楽しんできたいなあと思っています。

もう一つは私のお世話になっているFITTEからMTB用品を1箱頂いたので、
それで「チャリティフリマ」をやってこようと思っています。
もし東北方面の方でこのブログを見てくださった方、レースに出る方、よかったら大会応援とともに、
私のフリマも見に来て下さい。

また昨年ねこばばメンバーズのひろっぴさんと2人で歌津へ行った際の歌津の町や、
今回大会が行なわれる田束山(たつがねさん)の山頂、田束山へ向かう分岐に飾られた折鶴と
「全世界のみなさん、ありがとう」のメッセージのある田束山看板などを
ヘタクソなイラストにして、これらをポストカードとして5枚1セット300円で販売しようと思っています。

これらのフリマとイラストポストカードの売り上げは、
「たつがねMTB大会」の実行委員に寄付したいと思っているのですが、
さて、どのくらい売れるものかしらん?? レース参戦以外にも、
不安と楽しみでいっぱいです。

イラストカードは都内へ戻ってからも販売したいと思いますので、
このブログを見ていて、たつがねMTBを応援してくださる皆さん、
気に入ってくれたら1部購入してくださいませ。
来年の協賛金の一部にお送りしたいなあ、、なんて思っています。

そしてこの景色を探しに南三陸町歌津へ走りに行ってみてください。
仮設店舗などがあっという間になくなってしまったり、
別の場所へ移動してしまいます。
そんな風景の移り変わりをみんなで見守って行ってほしいなあと思って止みません。

MTB用品  絵葉書

あとは週末の天気がいいことを祈るのみです!

ようこそ Team ねこばばへ
プロフィール

チームねこばば

Author:チームねこばば
女性だけのロードチーム。その歴史は古く1987年に日本のトップ選手だった先輩たちが女子のロードレースの底辺拡大のために始めたサマーキャンプがきっかけで集まったグループ。最近はロードレースにチームとして出ることは少なくなったが、今でも夏に自転車(単独、集団)に乗るためのマナーやルールを勉強するサマーキャンプを開催し、メンテナンスや部品の名前を覚える、自転車の基本操作(S字や八の字、片手運転などなど)を、初心者も交えて練習している。(会員の中には地元のクラブチームで実業団登録して活躍している人や、ブルベ関係者(PBP2回完走しています)もいるので、レースやブルベに出たい人はクラブ紹介や相談もできます)またロードバイクのほかMTB、トライアスロン、マラソン、水泳、
登山、スノーシュー、トレラン・・・を口実に、おしゃべりを楽しんでいます。

★チームに関する問合先★
<ねこばば事務局> hiroppi_6@hotmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。