スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道通信(その1)---続きはあるのか!?

加藤@ねこばばです。

昨日、ゆきねこ@北海道から久しぶりに活動報告ありました!
昨年夏に、なかGさん@青森と私と3人で酸ヶ湯温泉泊まって、八甲田登山したのが懐かしい。
またいっしょにヤマノボリ行きたいね(あっ、ツーリングも行きたいね)

でもって、羊蹄山登山の詳細レポも送ってねー、、って連絡しています。
乞うご期待!

★コメントいっぱい入れると、いろんな「北海道通信」届くかも~♪


----以下 「北海道通信」----

ゆきねこです。
蝦夷富士とも呼ばれる羊蹄山に登ってきました。

めちゃめちゃキツかったけど楽しかった~!
綺麗に晴れ渡り、最高でした~~~~!!!!!

110910ゆきねこ羊蹄山

----以上 「北海道通信」 -----


★これからも、メールでいいので、写真と活動報告送っておくれよ~、ゆきねこさん★


以下はゆきねこへ私信。

メールでも書いたけど、2003年に夜通し走った名古屋~金沢300kmキャンプツーリング(さくら道ネイチャーラン応援MTBツーリング)覚えてるよね。
あのネイチャーラン主催者の海宝さんと、今年の奥武蔵ウルトラで久しぶりにゆっくり話しをする機会がありました。
あのときのこと思い出して、とっても懐かしくなったよー。数年前からネイチャーランは再開されているとのこと。

白鳥でテント張ってランナーさんたちを迎えてお茶沸かしたり、仮眠サポートしたり、ゆきねこが仕掛けてきて真夜中に福光からバトル走行したあの峠、泥のように眠った金沢の健康ランド、、輪行して乗ってしまった立山黒部アルペンルートと黒部ダム堰堤での記念撮影などなど、思い出深いツーリングは多々あれど、あの名古屋~金沢300kmは本当に楽しかったよ。

いつかまたいっしょに行きたいね。

kaohou.jpg

スポンサーサイト

遅くなりましたが、7月のチャリティの結果報告

加藤@ねこばばです。

怒涛の夏が過ぎて、ようやく少しだけ落ち着いてきました。
で、すっかりレディースサマーキャンプでのチャリティ報告が遅れていたのに気づいた今日。
いまさら、、ですが、簡単に報告書いてみます!

7月23日~24日で行ったレディースサマーキャンプは12名ほどの参加者だったのは下記にも書いたとおり。
23日の夜、輪行練習、パンク修理講習会などを終わらせた後、ヒロミさんが一つ一つ丁寧に作ってくれた「ねこばばオリジナルグッズ」(文庫本サイズのブックカバー、メモ帳)を販売し、その売り上げを全額、石巻「こころ・さをり」さんへ寄付させていただきました。金額はとても小さなものですが、こうして続けて行くことで、自分たちが出したお金がどのように使われるかはっきりわかるのは次のチャリティの励みになります。
しかも「こころ・さをり」のスタッフの方が、活動ブログに「チームねこばば」のことも書いてくださったので、いつか石巻へ自転車で行ってみたいなあ、、「こころ・さをり」の方々と会ってみたいなあ、っていう気持ちになっちゃうね、、と仲間と話しをしています。「こころ・さをり」を知ったのはスポーツエイドジャパンの紹介でした。スポーツエイドジャパンの方々は実際に石巻へボランティアへ行った際に「こころ・さをり」の方々と会って話しをしていて、私たちもスポーツエイドジャパンの方々から、その話しを伺うことができて、
共感できるところが沢山あったので、送り先をこちらに決めたのでした。

この『地域活動支援センターこころ・さをり』はさをり織りを中心として、障害を持つ社会的に立場の弱い人たちの自立と社会参加を支援している宮城県石巻市の施設です。3.11の震災で事業所が流されてしまい、つい先日までスタッフの方の自宅一部を開放して活動を続けていたそうなのですが、8月になってようやく仮設のセンターに入れたそうです。
といってもまだまだ先は長く、この仮設での活動は期限付き。

私たちのサポートできる力なんて大したことはないのですが、いつも言っているように「まだまだ大変な思いをしている人たちがいることを忘れずに、小さくても続けられること」をしたいということで、ヒロミさん始めねこばばメンバーズでも何度も話しをして、当面、「こころ・さをり」を応援していこうということになりました。

下記からオンラインで、しかも1,000円から寄付できます。
1km=10円運動とあわせて、よかったらチマチマでもいいので、カンパをお願いします。
ちなみに「働くなかまチャレンジド」とは「こころ・さをり」を運営しているNPO団体です。

復興みやぎ「働くなかまチャレンジド」

今年のキャンプでは、ヒロミさん作成の「ねこばばオリジナルグッズ」の販売と、1km=10円運動のシール、ねこばばPray for Japanシールにカンパをもらって、15,800円の売り上げがありました。
今回は材料費を「ねこばばの会」より出してもらい、作成にかかる工賃はヒロミさんのボランティアで行ったため、売り上げ金の全額を寄付することになり、写真のように振込手数料を引いた15,380円を「こころ・さをり」にお送りさせていただきました。

その後、ねこブログにも何度か書いていますが、こちらのブログを見て「うちの店でも販売したい」と武蔵五日市駅前のやまねこ亭で、ねこばばオリジナルグッズを買ってくださって、現在も引き続き販売をしてくれています。

またIDカードやSUICAを入れるカードケースが欲しいという、ねこメンバーズの意見もあり、ヒロミさんが作ってくれたカードケースもいくつか売れました。(カードケースは在庫はありません。注文で作ってもらっています)
これらはヒロミさんのボランティアで、仕事の合間に造ってもらっているため、大量生産はできません。
これからは材料費とほんの少額の手間賃をヒロミさんにお支払いして、引き続き作ってもらい、
チャリティ販売を続けて行きたいと思っています。
(ねこメンバーズでこれらのチャリティグッズを購入希望の人は事務局まで。忘年会の際に渡すことになります。それ以外事務局に相談のこと)

*写真は再掲のものも多いですが、キャンプでのチャリティ振込用紙、注文作成のカードケース(上)、キャンプでのチャリティ風景、シール(下) 私の職場の先輩OさんやMさんもブックカバーやカードケースを買ってくださいました。Oさん、Mさん、ありがとうございました。お2人に買っていただいた分も合わせてカンパさせていただきました。

110726kokorosawori.jpg IMG_708201.jpg IMG_708101.jpg IMG_707901.jpg IMG_708001.jpg

resize2210.jpg resize2214.jpg resize2215.jpg

★おまけ★
ヒロミさんは現役時代、「ジロデイタリア フェミニーレ(女性版ジロ)」を走っています。そのときの全日本ジャージを「サマーキャンプで使って」と提供してくれました。今年初参加&ロード初心者のTさんに着てもらったら、とってもピッタリでかわいかったので、お持ち帰りしてもらいました。(私たちは恐れ多くて着れないが、初心者はそういうデザインのジャージと考えればとてもいい感じに見えます。Tさん、しばらくは着てあげてくださいねー)

resize2227.jpg

Tさんはキャンプに初めて参加し、ロードレーサーに乗ったのもほとんど初めて。だけどセンスがいいのか、3日間(初めてだというので金曜日から来てもらいました)で、とっても上手になり、先日本人から「会社の方たちと多摩川まで走ってきました。自転車って楽しいです」と連絡がありました。キャンプの帰りも輪行練習させて、そのまま帰宅させてとっても心配だったのですが、無事に自転車を組み立てて帰宅できたそうで、よかった~~~!
これからも自転車楽しんで乗ってくださいね、Tさん。
ようこそ Team ねこばばへ
プロフィール

チームねこばば

Author:チームねこばば
女性だけのロードチーム。その歴史は古く1987年に日本のトップ選手だった先輩たちが女子のロードレースの底辺拡大のために始めたサマーキャンプがきっかけで集まったグループ。最近はロードレースにチームとして出ることは少なくなったが、今でも夏に自転車(単独、集団)に乗るためのマナーやルールを勉強するサマーキャンプを開催し、メンテナンスや部品の名前を覚える、自転車の基本操作(S字や八の字、片手運転などなど)を、初心者も交えて練習している。(会員の中には地元のクラブチームで実業団登録して活躍している人や、ブルベ関係者(PBP2回完走しています)もいるので、レースやブルベに出たい人はクラブ紹介や相談もできます)またロードバイクのほかMTB、トライアスロン、マラソン、水泳、
登山、スノーシュー、トレラン・・・を口実に、おしゃべりを楽しんでいます。

★チームに関する問合先★
<ねこばば事務局> hiroppi_6@hotmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。