スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツール・ド・三陸

元です。

今年も参加して来ました!
実は迷っていたのですが、去年同じコースで走った友達が、「また一緒に走ろうよ!」
と、いう事であっきーさんと一路東北に車を走らせて行って来ました。
土曜日は小雨から雨の中、高速道路を飛ばし、気仙沼で友達2人とホテルで合流し、
女4人で、夜の復興屋台村で地酒に海鮮料理が美味しそうなお店に入り、同じツールド三陸
に参加するという男衆ともお喋りした前日の夜でした。
もちろん、去年も寄ったカフェ「アンカー」さんに寄ってパーカーも買っちゃいました。 
NCM_0370.jpgアンカーカフェ(焼きドーナツがおいしい)NCM_0371.jpg                 
 気仙沼復興屋台村

当日の天気は大晴天!  でも前日の雨で開会式予定のグラウンドは酷いぬかるみで、
急きょ駐車場がスタート地点となりました。
去年は900名弱の参加者も今年は1000名を超えたとか、
くるん2のOさんとスタート前NCM_0384_201411091629318e9.jpg

50キロとはいえアップダウンがある道を沿道のそれぞれの家族総出の声援に熱くなりながら走ると、
来ました!着きました!志田民宿さんの大漁旗!!NCM_0395.jpg
が、私はここでグループから離脱…NCM_0388.jpg
今回一緒に走ったメンバー達

私の自転車のチェーンが走り出そうとすると外れそうになって走行不能、回収車が来るまで志田民宿さんで待機です。
志田さんの三男坊のお孫さんが、「どうしてここで休んでいるの?」私「自転車が壊れたの」三男坊「自転車のせいにして休んでいる!」と言われたが、彼が飼っているかなへびを撫でてやったら、ニヤリとしてた。
トラブルがここ志田さんの所で良かったよ~
会場で先にゴールしていたあっきーさんらと合流して、飯です!
今年は産業まつりと一緒になったので、各テントに海産物やら地元の食材を使った食べ物が沢山出ていました。
NCM_0404.jpg
豪快に鮭半身を入れた焼きそばを焼いていました。

帰りは、佐藤輪業さんに立ち寄り、またまたホタテにホルモン等をごちそうになりお世話になりました。
そして、碁石海岸のそばの海楽荘で海を見ながらの贅沢な露天風呂を満喫して、最後の日は南三陸へと足を延ばし
伊里前福幸商店街に寄ってお喋りして来ました。
近くの田束山に(車で)何故か迷いながらも秋の紅葉を堪能して帰ってきました。
NCM_0435.jpg おねえさんも、持っている切り絵もキレイ!
NCM_0453_20141110172858148.jpg 田束山(たつがねさん)からは南三陸の海岸線が一望できます。










スポンサーサイト
ようこそ Team ねこばばへ
プロフィール

チームねこばば

Author:チームねこばば
女性だけのロードチーム。その歴史は古く1987年に日本のトップ選手だった先輩たちが女子のロードレースの底辺拡大のために始めたサマーキャンプがきっかけで集まったグループ。最近はロードレースにチームとして出ることは少なくなったが、今でも夏に自転車(単独、集団)に乗るためのマナーやルールを勉強するサマーキャンプを開催し、メンテナンスや部品の名前を覚える、自転車の基本操作(S字や八の字、片手運転などなど)を、初心者も交えて練習している。(会員の中には地元のクラブチームで実業団登録して活躍している人や、ブルベ関係者(PBP2回完走しています)もいるので、レースやブルベに出たい人はクラブ紹介や相談もできます)またロードバイクのほかMTB、トライアスロン、マラソン、水泳、
登山、スノーシュー、トレラン・・・を口実に、おしゃべりを楽しんでいます。

★チームに関する問合先★
<ねこばば事務局> hiroppi_6@hotmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。