スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三春滝桜ツーリング

チームねこばばのあっきーです。

前週の加藤さんの三春の滝桜情報を聞いて、今週行こう!と考えていると加藤さんも日曜なら行けるとのこと。
「では、二人で!」前日打ち合わせで、三春から南下するコースを考えて福島三春へ出かけていきました。

滝桜満開の情報と、なるべく長い距離を走りたいということから、朝八時に滝桜へ到着しました。
付近の道路は渋滞、すでに開園していて滝桜のまわりはたくさんの人でにぎわっていました。
滝桜は、その名の通り滝のように満開の桜の花を咲かせていました。回りの桜や、菜の花、水仙も咲き春爛漫です。
NCM_0138.jpg

加藤さんおすすめおおはたやさんのピーマン味噌のついた三角油揚げをおなかに、一口サイズのおからドーナツとおにぎりを補給食としてリュックにつめ、次の地蔵桜へ。地蔵桜も滝桜より濃い色の花を咲かせてくれていました。
NCM_0167.jpg


桜でにぎわう三春を出発し県道をあみだくじのように南下して行きます。
関東平野とは違い上って下っての道路、これもサイクリングの楽しみ??春の南風に向かって進みます。ちょっときついコースでも行く先々の桜の花が目を楽しませてくれて最高に気持ちいいな~と感じます。
時々、地図を確認しながら次は東山道時代の白河の関へ向かいます。
と、私のサドルに異変が!走り初めから気になってサドルの角度を時々直しボルトを締め直し走ってきていたのですが、とうとう締め直してもずれが止まらずサドルに座れない状態になってしまいました。
でももうすぐ県境、ダンシングしたり座れないサドルになんとか座りながら白河の関所、追分明神味わいのある旧道をなんとか走りました。NCM_0184.jpg
ダンシングもそろそろ限界・・・黒磯のカフェグランボア(那須サイクリングの方の素敵な建物のお店)をゴール地点になんとかたどり着きました。
DSCF6236[2]

郡山駅から黒磯まで110キロ、後半のトラブル発生もあったけどなんとか無事到着。
また、八ヶ岳HCに参加していたひろっぴさんも那須へ戻ってきていてグランボアへ来てくれました。
ちょっと早めですがおなかぺこぺこの私たちは、おいしい夕食デザート付で大満足!ごちそうさまでした。

三春滝桜、いい感じの街道、後半ののろのろに付き合ってくれた加藤さんありがとう。
三春滝桜ツーリングがより印象的なツーリングになりました。
ほんと出かけてよかった!!超おすすめです。
NCM_0156.jpg
DSCF6234[3]








スポンサーサイト

郡山〜三春(滝桜)〜いわきのお花見ポタ

加藤@ねこばばです。

今年初のロードサイクリングしてきました。
毎年恒例の三春の滝桜見物です。
今回はねこばばメンバーズと予定があわなかったので、別メンバーと2人でした。

往路は郡山まで新幹線輪行。
郡山は大宮から1時間弱なのであっという間。
朝9時すぎに走り出して三春へ向かい、まずは里山の春を満喫し、ダム周回。
人や車で大渋滞の中、滝桜へ向かい、300円払って中へ入る。
滝桜だけ見るなら観覧券買わなくてもいいのだけど、この桜を守っていくにはやはり管理費がかかるのだから、
行ったからには300円払って中に入っていこう。
この300円がまた来年の桜ポタにつながるのだから安いものだ(笑)
滝桜を見てから、茶屋で玄米パンとコーヒーで軽くブランチ。
おおはたやの油揚げも食べたかったのだけど、多くの人が並んでいたので、またの機会にして、地蔵桜へ。
地蔵桜はまだ蕾でした。
来週あたりはいい感じになるかな。

今回は南下して那須塩原へ向かうか、東へ向かっていわきへ出るか迷ったのですが、
3/14にダイヤ改正されたスーパーひたちに乗りたくて、いわきへ行くことにした。
まずは中田町〜小野町へ向かい、小野町からは磐越東線沿いの夏井川に沿って県道41(66)号を走る。
途中、夏井川沿いに鯉のぼりが泳いでいて、ここも桜並木が素晴らしいのだが、まだ咲いていない。
こちらも来週以降は素晴らしい景色だろう。
道は下り基調なので走りやすい。

途中夏井川渓谷では対岸にヤマツツジが山肌をピンク色に染めていて、とても綺麗だった。
これもまだまだ咲き始めで、これからだ。
ここは紅葉の頃も素晴らしい渓谷道。
ロードツーリングにはとてもよい道である。

夏井川渓谷を過ぎると背戸蛾廊の登山口。
「背戸蛾廊」とは「大小さまざまな滝を持つ美しい渓谷がつづき、上流から山づたいに一周できる
約8.4kmのハイキングコース。所要時間約4時間半。爽快な沢のぼりや迫力あるロッククライミングなども楽しむことができる」という福島では有名な超級ハイキングコースである。
いつか歩きに行ってみたいと思いつつ、行けずにいた背戸蛾廊。
次回は自転車ではなく、歩きに来たい。

こうしてお花見しながら、景色を見ながら、ブラブラ走って、いわき駅到着は16時前で、距離はおよそ90km。
郡山から三春、小野町までは多少のアップダウンはあるが、小野町からはほぼ下り基調なので、
ロード初心者でも比較的簡単に走れるコースだ。

福島の桜のシーズンはGW前くらいまでは十分楽しめるので、機会があれば走りに行ってみてほしい。

滝桜ポタ2
滝桜ポタ
滝桜2015






ようこそ Team ねこばばへ
プロフィール

チームねこばば

Author:チームねこばば
女性だけのロードチーム。その歴史は古く1987年に日本のトップ選手だった先輩たちが女子のロードレースの底辺拡大のために始めたサマーキャンプがきっかけで集まったグループ。最近はロードレースにチームとして出ることは少なくなったが、今でも夏に自転車(単独、集団)に乗るためのマナーやルールを勉強するサマーキャンプを開催し、メンテナンスや部品の名前を覚える、自転車の基本操作(S字や八の字、片手運転などなど)を、初心者も交えて練習している。(会員の中には地元のクラブチームで実業団登録して活躍している人や、ブルベ関係者(PBP2回完走しています)もいるので、レースやブルベに出たい人はクラブ紹介や相談もできます)またロードバイクのほかMTB、トライアスロン、マラソン、水泳、
登山、スノーシュー、トレラン・・・を口実に、おしゃべりを楽しんでいます。

★チームに関する問合先★
<ねこばば事務局> hiroppi_6@hotmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。