第43回東京→糸魚川ファストランレポートby.ひろみ(一部編集ひろっぴ)

今回、私たち2人(ひろみ&げん)は初サポートデビューを果たしました。ねこばばからの参加は5名(他のチーム名で2名登録)。ドキドキのスタート地点へ向かう。時間は午前1時45分。うのちゃんが東京からわざわざ見送りにきてくれた。おかげで私たちの不安が一気に吹き飛んだ。そしていよいよ3時頃スタートしていくライダー達を見送る。

0001130M[1]

暗闇の中走って行く光景は不思議な感じ。第1チェックポイントで再びみんなに会う。おいなりさんをおいしそうにほおばるメンバー達・・・。第2チェックポイントに向かう途中、20年ぶりの松本に住む友人と再会を果たす。旧友とのひとときのおしゃべりは格別だった。これも糸魚川のおかげ。チェックポイントではひろっぴがかなりダメになってきていて背中やら脚やらをマッサージする。

0001134_2M[1]

その後長野市を過ぎてからナビに従って走っているとコースから外れて山岳コースへ・・・。ライダー達は150㎞走った後この山道を走ることに唖然!第3チェックポイントでは速いあっきーには会えなかった。すでに行ってしまっていたのだ。ひろっぴ&さっちゃんは明るいうちにゴールするためにすぐに出発。寒さと強風の中走る2人に声援をおくる。ここでハプニング。”乙吉63才”に向かうはずが国道18号を直進してしまい、ひろっぴ&さっちゃんを見失う。来た道を引き返して”乙吉63号”に。サポートも結構大変。なんせ初だから。能生を過ぎたあたりでやっと追いつく。その頃日帰り参加のひーちゃんはお風呂に入って着替えてタクシーで駅へ。なんてパワフル。そしてついに19時過ぎにひろっぴ&さっちゃんの感動のゴールを迎える!ゴールでずっと寒い中2人を待っていたあっきーは大変だったね。お疲れさま!!ライダーもサポートも1つになって自転車をまるまる楽しめる糸魚川。すっかりファンになりました。次回はサポートカーにねこばばステッカーを張ってサポートしたいで~す。

0001136M[1]

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ Team ねこばばへ
プロフィール

チームねこばば

Author:チームねこばば
女性だけのロードチーム。その歴史は古く1987年に日本のトップ選手だった先輩たちが女子のロードレースの底辺拡大のために始めたサマーキャンプがきっかけで集まったグループ。最近はロードレースにチームとして出ることは少なくなったが、今でも夏に自転車(単独、集団)に乗るためのマナーやルールを勉強するサマーキャンプを開催し、メンテナンスや部品の名前を覚える、自転車の基本操作(S字や八の字、片手運転などなど)を、初心者も交えて練習している。(会員の中には地元のクラブチームで実業団登録して活躍している人や、ブルベ関係者(PBP2回完走しています)もいるので、レースやブルベに出たい人はクラブ紹介や相談もできます)またロードバイクのほかMTB、トライアスロン、マラソン、水泳、
登山、スノーシュー、トレラン・・・を口実に、おしゃべりを楽しんでいます。

★チームに関する問合先★
<ねこばば事務局> hiroppi_6@hotmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード