東京糸魚川ファストラン

今年の糸魚川は雨とパンクの糸魚川(泣)。ねこばば さちです。

チームからの参加はねこばばからあっきーさん、ひろっぴさん、私の3名。
私たちは、皆2:45の同時スタート。
アスペンからうーのさん、ひーちゃん。ねこばばのサポートとして、
ひろみさん、うーのパパさん。

ところが、残念ながら、ひーちゃんは直前の故障により、サポートに
回ることになりました。道中会おうね!とハグして、まずは3人スタート。

start

ねこ3人+きんじさんでスタート。最初は、順調に4人で先頭交代しながら、走り出します。
きんじさんのペースが速いので、男性は違うなぁと思っていたら、韮崎あたりで、「早すぎるよ~ もう
降りるから~」とのことでお別れ。ゆっくり引いてくれたんで良かったのに~

富士見峠を越えるあたりから、ぽつぽつ雨が・・・ 諏訪では、本降り!
CP1にはずぶぬれで到着。寒いので、レインウェアを着込み、体が冷えないうちに、
出発。が、直後の塩尻峠で、土砂降り><。 塩尻の下り大好きなのに、全然スピードが出せず。
その後も、雨の中CP2まで。直前で、アスペンのマスターと一緒になり、少しお話ししながら走りました。

CP2で、うーのさんと合流!ねこ列車が4人になりました。
ひーちゃんとも会えて、暖かい励ましをもらって元気百倍!
が、ここで、アクシデント。寝かせておいたあっきーさんの自転車の
サドルに、別チームのサポートカーが乗り上げ!!
歪んでしまいました・・・
サドルの位置を再調整して見たところ、
少し、変な感じは有りながらも走り出せそうだったので、そのまま続行することに。

先頭交代しながら、長野市街へ。雨が止んで、少し、暖かく。
登りのルートは、私の足に合わせて、北国街道を
選択してもらいました。標高が上がっていくに従い、空気がひんやり。
登りで暑くなった体にちょうど良い~

いつもだと、長い登りで、みんなに置いて行かれてしまうのですが、
今回は、ギアとホイールを新調して、登り仕様にした甲斐がありました!
くるくる回して、ついていける~ 感激~
そうこうしているうちにCP3へ。ここまでは、予想以上に順調にやってこれました!

最後のCPだけど後90km。ガス欠に備えて、
アンパンや、果物を詰め込み、いざ出発!
しかし、今年はここからが、長く、つらい糸魚川でした。

まずねこ4人列車に襲い掛かったのは、数メートル先も見えない濃霧。
信号も、直前でようやく見えるので、怖いことこの上なし。路面も悪いし。
更に濃霧過ぎて、長野市内でせっかく乾いたウェアがまたびしょびしょ。
この霧、あらい道の駅付近まで続きました。
ここでも、せっかくの下りなのに、スピードが出せず。

あらい辺りでようやく霧も晴れ、乙吉を曲がってしばらく行ったところで、
私の後輪から「パンッ」と破裂音。あーパンク~ ということで、修理のためのロス10分。
無事変え終わって、もうすぐ日本海というところで、レグルスのランディスさんと合流。
しかし、ランディスさんも、一度ガンガンに引いてくれたあと、「ペースが速いし、膝が痛いから~」と
列車を降りてしまわれました。

順調にねこ4人列車で、ゴールまで行けるかと思われたのですが、
名立のあたりで、また私がパンク!よく見ると、クリンチャーのサイドに亀裂が。
サポートのうーのパパが、応急処置として、ガムテープで補修してくれました。
ちょっと膨らんでるものの、圧下げ目にすれば、行けるかも?と走り出し。
ここでも30分位?ロス。
そして、今度はみのりのいとうさん列車に。
どきどきしながら、能生を過ぎ、このまま行けるかも?と甘い期待を
抱いたころ、またパンク・・・ もう、チューブもなく、裂け目もかなり大きくなってきていたので、
ここでリタイヤの決断をしました。
残り10kmだったのに、悔しい~

気持ちを切り替えて、ゴールへ先回り。
ねこ到着を待っていてくれたひーちゃん、レグルスさん達のもとへ。
駐車場から、走って登場した私にみんなびっくり。
経緯を説明したら、ひーちゃんが良く頑張ったわね~と抱きしめてくれました。
ありがとう~

そうこうしているうちに、皆がゴール!
私のパンクに何度も付き合ってもらったため、すっかり暗い時間に
なってしまいました。
みんな、お疲れ様、そしてありがとうございました!

ゴール

後日、自転車屋さんに、クリンチャーの裂け目を見せたところ、
特定できないものの、サイドこすった時の衝撃が伝わっちゃったのかもねとのこと。
これからは、サポートカーに予備のクリンチャー、自転車にタイヤ用パッドを載せて、
二度と同じ理由でのリタイヤがない様にしよう!と固く誓った今年の糸魚川でした。


スタート

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ Team ねこばばへ
プロフィール

チームねこばば

Author:チームねこばば
女性だけのロードチーム。その歴史は古く1987年に日本のトップ選手だった先輩たちが女子のロードレースの底辺拡大のために始めたサマーキャンプがきっかけで集まったグループ。最近はロードレースにチームとして出ることは少なくなったが、今でも夏に自転車(単独、集団)に乗るためのマナーやルールを勉強するサマーキャンプを開催し、メンテナンスや部品の名前を覚える、自転車の基本操作(S字や八の字、片手運転などなど)を、初心者も交えて練習している。(会員の中には地元のクラブチームで実業団登録して活躍している人や、ブルベ関係者(PBP2回完走しています)もいるので、レースやブルベに出たい人はクラブ紹介や相談もできます)またロードバイクのほかMTB、トライアスロン、マラソン、水泳、
登山、スノーシュー、トレラン・・・を口実に、おしゃべりを楽しんでいます。

★チームに関する問合先★
<ねこばば事務局> hiroppi_6@hotmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード