スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おおつち新山高原ヒルクライム

加藤@ねこばばです。
ひさしぶりの投稿になります。
今年は暖かい日も多いので自転車乗っている方も多いのでは!

さて宮古のサイクルショップ「ビチスポーツMORIAI」の盛合さんから大槌でヒルクライムがあるという連絡をもらいました。
震災からこの3月で丸5年。
あっという間だった気がしますが、まだまだ三陸沿岸は復興には程遠い風景です。
けれども3年前から開催されるようになったツールド三陸(陸前高田から大船渡)、2年前のツールド東北(石巻から気仙沼)や、
震災翌年からレース再開した南三陸町歌津の「たつがねMTB大会」など、がんばっているサイクリングイベントがあります。
その中で、同じように被害の大きかった北三陸の沿岸部にある大槌町は震災で町長も亡くなったりして混乱も大きかったせいか、
ようやくスポーツイベントを開催できるようになったそうです。
今回のヒルクライム大会は三陸エリアでは初のヒルクライムの大会。
第一回大会ということもあり、パレード走行もあるようなので、観光がてら行ってみませんか。
大槌町は花巻から釜石へ出て北上するか、盛岡から宮古へ出て南下するなど、ツーリングしながら現地入りするのもいいと思いますよー。下記がコースのルートラボです。
関東近郊だと人気のあるヒルクライム大会はあっという間に定員いっぱいになってしまいます。
たまには遠出して岩手で、第一回大会のヒルクライムに参加してみませんか。

追記:
大会参加できなくても公式ジャージ購入すると大槌町と三陸鉄道へ各々500円、1000円が寄付されるそうです。WaveOneの協賛だそうでーす。アタシも購入検討中^^ 大会行けないけど購入したいなーっていう方、下記からどうぞ〜!

大会公式サイト

大会申込はここからどうぞ。

おおつち新山高原ヒルクライム大会公式ジャージ購入はここ  

おおつち新山高原ヒルクライム コースマップ(計測区間)

おおつちヒルクライム

おおつち新山高原ヒルクライム_公式ジャージ販売告知

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ Team ねこばばへ
プロフィール

チームねこばば

Author:チームねこばば
女性だけのロードチーム。その歴史は古く1987年に日本のトップ選手だった先輩たちが女子のロードレースの底辺拡大のために始めたサマーキャンプがきっかけで集まったグループ。最近はロードレースにチームとして出ることは少なくなったが、今でも夏に自転車(単独、集団)に乗るためのマナーやルールを勉強するサマーキャンプを開催し、メンテナンスや部品の名前を覚える、自転車の基本操作(S字や八の字、片手運転などなど)を、初心者も交えて練習している。(会員の中には地元のクラブチームで実業団登録して活躍している人や、ブルベ関係者(PBP2回完走しています)もいるので、レースやブルベに出たい人はクラブ紹介や相談もできます)またロードバイクのほかMTB、トライアスロン、マラソン、水泳、
登山、スノーシュー、トレラン・・・を口実に、おしゃべりを楽しんでいます。

★チームに関する問合先★
<ねこばば事務局> hiroppi_6@hotmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。