スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京ちょいポタ : 初めてのスカイツリーと来週オープンのサイクルショップ

加藤@ねこばばです。
(ネタ切れなので、東京ちょいポタしてきました)

とうとう入梅ですかねー。
蒸し暑い日も多くなってきました。

さて最近、自転車ネタがあまりなく、、、なので、東京ちょいポタしてきました。
実は私、割合と近くにいるのに、今話題の「東京スカイツリー」を間近で見たことありません。
(自宅のベランダから見えるので、いいか、、と、足を運ぶこともなかったのです)

ところが、以前からの自転車友だちが本所にサイクルショップをオープンするというので、
オープン前に覗きに行ってきました。

場所は本所3丁目の裏通り。
春日通りからちょいと南に入ったところの町家を改修した和風イタリアン?なお店。
すぐわかりました。

resize1751.jpgresize1748.jpgresize1749.jpg


お店の名前は「MATTINO」、イタリア語で「朝」という意味とのこと。
なぜ「朝」かというと、店主の名前が「朝倉」だからニックネームは「アサ」なんです。
それ以外にもなんやら意味を聞いたのですが、、ごめんなさい、忘れちゃいました(涙)
その意味、気になる人は6/17オープンだから、直接聞きに行ってみてください。

resize1747.jpgresize1746.jpg

お店の中。
まだプレオープンで、準備しているところなので、あまり物がない。

さんざんお話して、すっかりスカイツリーを見に来たことを忘れてしまった私は、
「おなかもすいたし、早くおうちに帰ろう!」と周りを見向きもせずに浅草へ向かいました。

三つ目通りから浅草へ向かい、隅田川を渡るときに吾妻橋を通った。
「そういえば、、、、、もしかして・・・」と思い、振り向くと、そこには大きなスカイツリーが、、、感動!

あわてて自転車降りて、車道から歩道へヨッコラショ。
周りに人が歩いていないのを確かめ、あわてて写真を撮る。
もう既に18時半すぎなので、私のヘッポコな撮影技術(ただ撮るだけ)では、うまく撮れない。
しかもカメラも8年ほど前のもの。

resize1755.jpg

それでも我が相棒VOOCHAN1号とスカイツリーのツーショットには満足満足の東京ちょいポタでした。
東京タワーの方が好きだもーん、、と言ってた私ですが、スカイツリーも好きになりました(単純:笑)

みなさんもスカイツリーを見に「ちょいポタ」しに行きませんか?

でもって、ついでにアサのお店も冷やかしに行ってみてください。
「MATTINO」は初めてロードバイクを買うときの相談に、時間予約制で、とことん相談にのってくれるそうですよ。

Bicicletta di Mattino


☆この界隈は私のウロウロエリアなのですが、他にも10年以上前からお世話になっているサイクルショップがあります


北千住 FITTE

下 谷  Bicicletta de ilcuore

上 野  アートスポーツANNEX店CYCLE


どこもスカイツリーからそう遠くないので、お近くにポタったときは、これらのお店も冷やかしにどうぞ~!!
上野界隈、荒川界隈のよい情報を得られること間違いなし!

他にも老舗の「横尾双輪館」(上野)や、フレームビルダーで有名な「LEVEL」(町屋)などもあり、
自転車好きにはたまらないエリアですよ~。


コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ Team ねこばばへ
プロフィール

チームねこばば

Author:チームねこばば
女性だけのロードチーム。その歴史は古く1987年に日本のトップ選手だった先輩たちが女子のロードレースの底辺拡大のために始めたサマーキャンプがきっかけで集まったグループ。最近はロードレースにチームとして出ることは少なくなったが、今でも夏に自転車(単独、集団)に乗るためのマナーやルールを勉強するサマーキャンプを開催し、メンテナンスや部品の名前を覚える、自転車の基本操作(S字や八の字、片手運転などなど)を、初心者も交えて練習している。(会員の中には地元のクラブチームで実業団登録して活躍している人や、ブルベ関係者(PBP2回完走しています)もいるので、レースやブルベに出たい人はクラブ紹介や相談もできます)またロードバイクのほかMTB、トライアスロン、マラソン、水泳、
登山、スノーシュー、トレラン・・・を口実に、おしゃべりを楽しんでいます。

★チームに関する問合先★
<ねこばば事務局> hiroppi_6@hotmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。