奥黒部にて他

加藤@ねこばばです。

お盆休みも終わって、、なんだか休みボケ中です。
今年は震災ボラや、法事もあって、自転車にはあまり乗れていませんので、登山の報告になります。

8月の第一週目に私が支援のお手伝いをしている「歌津MTBドリームプロジェクト」の仲間達が、南三陸町から、
子供達を中心に、「たつがね山MTB」関係者などを招待して、富士MTBサマーキャンプへ参加したことは以前お伝えしたとおり。

私は5日(金)にキャンプ設営と、歌津からのみんなを受け入れるお手伝いをしてきました。
当日はあいにくの雨模様でしたが、RBSさんのご好意で前入りしてキャンプ地設営ができ、南三陸町から来たみんなと自転車談義で盛り上がりました。6日のレース当日は関東組も大勢合流して、なんと、子供達の1チームが4位に入るというがんばりを見せてくれました。(僅差だったようで3位になれなかったことが、よっぽど悔しかったみたいです^^)
キャンプ初めてのお母さん達も楽しんでくれたようで、本当によかったです。

ふじさまきゃn02ふじさまきゃん01IMG_2339_R-1.jpg


7日(日)は恒例の奥武蔵ウルトラマラソンエイド(昨年から顔振峠でやっています)
ねこばばからはwadaちゃんが見事完走。今年は後半雷雨突風で、命の危険を感じるほど(本当にひどかった)だったのに、wadaちゃんよくがんばりました!ゴール後の笑顔がとってもステキでした。

今年は早めにエイドを抜けて、ゴール地点の大会本部にて、さをり織のチャリティ販売のお手伝いと、「歌津MTB」のビラ配りをさせていただいたのですが、この突風雷雨でそれどころではなく、たった30分ほどのチャリティでしたが、15,800円弱が集まり、このうちの半分を石巻の「こころ・さをり」へ、半分を「歌津MTB」へカンパさせていただきました。チャリティ協力してくれたみなさま、ありがとうございました。

utatsukanban02.jpgsaoriorihanbai.jpg110803kokorosawori_tirasi_nekobabaのコピーooamegoal2.jpg


そして8/13-17とずっと行きたかった奥黒部源流を訪ねる旅に、いつもの山友達と2人で行って来ました。
新穂高温泉から岐阜、長野、富山の分岐にある「三俣蓮華岳」への縦走と、
その下にある黒部川源流、雲の平、高天原温泉、奥の廊下などを歩き、太郎平から折立へ抜け、有峰湖を見てくる、、ようやく実現しました。高天原温泉~高天原峠~薬師沢小屋間の大東新道は大雨が降ると抜けられない可能性があるので、どうなることやら、、と予備日を2日ほど設けて決行。無事抜けることができました。
もしかしたら2007年に歩いた針の木谷より渡渉、へつり、はしご、ロープなどのバリエーションがあって楽しかったかも。(針の木谷は南沢出合前後の渡渉地点のルーファイが大変でしたが、これもとても楽しかったです)

そんな奥黒部で、2人の自転車仲間と偶然会いました。
本当にびっくりです。

1人は7月末のレディースサマーキャンプに初参加してくれたI川さん、もう一人は毎年恒例の糸魚川で古くからお世話になっているチーム「みのり」のE元さん。

110814asamityan.jpg110816edamotokun.jpg

I川さんは新穂高温泉から双六へ向かう際に、鑓穂が池に映る「鏡平」で早朝7時に。
彼女はちょうど私たちと逆コースで入っていたようで、下山途中でした。

もう一人のE元さん@みのりは、北アルプス最奥の温泉:高天原温泉の小屋でお会いしました。ここはどの登山口からも1日では行けない山奥で、そんなところで偶然バッタリって、、、本当にビックリしました。
それと高天原温泉のスタッフのかわいい女性に、私と友人がザックにお揃いで縫い付けていた「1km=10円運動のヤマノボリバージョン」のワッペンを「これすごくかわいい、欲しいです」と言ってもらいました。ワッペンのいきさつを話したら、彼女も「私もヤマノボリするとき、震災のこと思い出します」と言ってくれました。また、薬師沢小屋で出会った仙台からのご夫婦も「私たちも震災直後はヤマノボリなんて、、、と思って自粛していましたが、それではいけない、、と思い、今回北アルプスへ10日間歩きに来ました。このワッペンを見て、応援してくれる人たちがいる、、というのは嬉しいです。ありがとう」と言ってもらいました。これも嬉しかったです。
自転車も、登山も、楽しみながら協力できること、、きっとあると思います。


E元さん>>今度は朝日岳で待ち合わせて親不知・子不知へ抜けましょう。そして打ち上げはやっぱり「糸魚川」で!

110815kurobegawagenryuu.jpgへつりかべっけヤマノボリワッペン


また21日にはヒロミさんちで、ねこばばメンバーズがチャリティグッズ作成会を行ったようなので、
その辺の情報が入りましたら、こちらも順次アップしま~す!

110806やまねこてい

武蔵五日市駅前の山猫亭で8/27(土)夕方のヨルイチで、ねこばばチャリティグッズ販売してくれます。今日、ヒロミさんと2人で納品に行って来ました。山猫亭のマスターが買取をしてくださったので、チャリティ金額は4,000円ほどになりました。もう少しまとまった金額になったところで、また「こころ・さをり」へ送りたいと思います。

お近くの方、8月27日夕方は、どうぞ武蔵五日市ヨルイチへGO!


コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ Team ねこばばへ
プロフィール

チームねこばば

Author:チームねこばば
女性だけのロードチーム。その歴史は古く1987年に日本のトップ選手だった先輩たちが女子のロードレースの底辺拡大のために始めたサマーキャンプがきっかけで集まったグループ。最近はロードレースにチームとして出ることは少なくなったが、今でも夏に自転車(単独、集団)に乗るためのマナーやルールを勉強するサマーキャンプを開催し、メンテナンスや部品の名前を覚える、自転車の基本操作(S字や八の字、片手運転などなど)を、初心者も交えて練習している。(会員の中には地元のクラブチームで実業団登録して活躍している人や、ブルベ関係者(PBP2回完走しています)もいるので、レースやブルベに出たい人はクラブ紹介や相談もできます)またロードバイクのほかMTB、トライアスロン、マラソン、水泳、
登山、スノーシュー、トレラン・・・を口実に、おしゃべりを楽しんでいます。

★チームに関する問合先★
<ねこばば事務局> hiroppi_6@hotmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード