スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糸魚川スポルト2011(その3)

加藤@ねこばばです。

初参加のえみたろうさんからレポが届いたので、掲載しま~す。
彼女とは今年の5月のクラッシックのとき、初のねこばば「サポート」参加した私が、最終CPの白馬で
押しかけお手伝いをさせてもらったことから始まりました。
長い間糸魚川を走ってきて、いつもCPの方々や駿台自転車部の本部関係者の方々のサポートがなければ
300kmを走るのがどんなに大変かをよく知っていた私は、その裏方を覗いてみたかったのでした。
で、白馬CPで撤収までお手伝いさせてもらって、本当にその大変さを見て、改めてこの大会の素晴らしさを
知ったのです。撤収後、ホテル糸魚川までT山前実行委員長ご家族の乗る車へ乗せてもらいました。
その際にえみたろうさんが「ロードを買ったばかり」と聞いたのでした。
それがこの物語の始まり始まりでした。

☆以下えみたろうレポ☆

「スポルト参加してきました(初参加の感想)」
夏の合宿では大変お世話になりました、えみたろうです。誠に僭越ながら今回チームねこばばのメンバーとして、スポルトに出場させていただきました。当初は「お手伝い」として参加の予定でしたが、加藤さんからの「同じ参加費払うならば、ひとまず選手として申し込みしておけば?後からでも変更できると思うし。」とのアドバイスにより選手として申し込み、そのまま大会に出でしまったという流れです 笑

勢いで出場してしまったとはいうものの、スポルト出場は私にとってとても収穫の多い経験となり、走ってみて本当によかった!と思いました。

第一に、自分でできることが増えたということです。今回は集合から山梨石和温泉健康ランドに輪行で現地に行くという私にとってとてもハードルの高いものでした。輪行は夏合宿で習って以来ほとんどやる機会がなかったので、自分はちゃんとたどり着けるのか…と正直不安でした。当日はトラブルに備え早い時間に出発し、交通手段もなるべく乗換が少なく自転車も自分の見えるところに置けるよう、特急かいじの指定席(自由席がらがらなのに(*_*) )で向かいました。自転車を袋に収める作業は、皆さんに注意していただいたことを思い出すことが出来、ちゃんと持ち運べる状態にすることができました。かなりビビりながらの輪行でしたが、自転車を出したり収めたりすることを今回繰り返したことで、輪行のやり方を知ってる→輪行できるにステップアップできた気がします。父親から現地まで車で連れて行こうかとの甘いささやきに一瞬心が揺らぎましたが、それを断ってよかったと思います。今回だいたい勝手がわかったので次回は今回ほどお金をかけなくても大丈夫になりそうです。

また今回ひとりで長い距離を走ることができたということも収穫です。大会当日風邪を引いてしまい咳が止まらず、雨も降っていたので走るか迷いました。コースを間違える不安や車の横を走ることへの怖さもあり不安だらけでしたが、雨が弱くなってきたころ、道を間違える心配のない一本道コースで計50キロ程走りました。不思議と走り始めると不安は全くなくなり、体調不良なことを忘れるくらい楽しんでいる自分がいました。また、「日本海まであと20キロ」の道路標識を見て、20キロなんて近いじゃん!と思うような距離感覚が身に付いたことも進歩です 笑

第二に出場してよかったと思う点は、東京糸魚川の魅力を知れたことです。
今まで何度もこの大会に父のお手伝いとしてかかわってきたのですが、正直バイト代も出るしいいか。くらいの気持ちでいました。(ごめんなさい…)しかし選手として大会に出場したことで、初めて選手の皆さんがどれだけこの大会を大切に、楽しみにしてくださっているかがよくわかりました。他のチームの方々がとっくにゴールをしているはずなのに、最終ゴールの私たちを待ってくださったりして、ストイックだけどとっても暖かい人たちの集まる大会なのだなあと感じました。父親が仕事の合間にせかせかと準備をする姿を見てきて、なんであんなに大変なのに毎年やっているのか疑問でしたが今回やっと納得できたので、来年以降は今までとは違った気持ちで大会のお手伝いができそうです。

最後に。加藤さん、う~のさん、あっきーさん、今回ろくに自転車のことがわかっておらず、しかも風邪まで引いてしまいすみませんでした。一緒にチームのメンバーとして大会に出場させていただき本当に感謝しております。もっと練習して今度は本当の戦力になれるよう頑張りたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いします<(_ _)>

コメントの投稿

非公開コメント

No title

輪行して現地に行って素晴らしい!!
ようこそ Team ねこばばへ
プロフィール

チームねこばば

Author:チームねこばば
女性だけのロードチーム。その歴史は古く1987年に日本のトップ選手だった先輩たちが女子のロードレースの底辺拡大のために始めたサマーキャンプがきっかけで集まったグループ。最近はロードレースにチームとして出ることは少なくなったが、今でも夏に自転車(単独、集団)に乗るためのマナーやルールを勉強するサマーキャンプを開催し、メンテナンスや部品の名前を覚える、自転車の基本操作(S字や八の字、片手運転などなど)を、初心者も交えて練習している。(会員の中には地元のクラブチームで実業団登録して活躍している人や、ブルベ関係者(PBP2回完走しています)もいるので、レースやブルベに出たい人はクラブ紹介や相談もできます)またロードバイクのほかMTB、トライアスロン、マラソン、水泳、
登山、スノーシュー、トレラン・・・を口実に、おしゃべりを楽しんでいます。

★チームに関する問合先★
<ねこばば事務局> hiroppi_6@hotmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。