スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レディースサマーキャンプ2015

チームねこばばのあっきーです。

7月18,19日、今年は那須でサマーキャンプがありました。
サマーキャンプ集合は恒例となった埼玉から自走でAM3:30さっちゃんと待ち合わせて出発。
利根川を渡る前に朝焼けですNCM_0079.jpg
途中私の前輪にパンク発生!タイムロスのため宇都宮から那須までは輪行、集合時間には遅れず到着しました。
那須到着時間は雨が降り出していたのですが、再度私がパンク修理している間に雨もやみ初日は、大田原市を中心に4人でサイクリング。今年は、キャンセルの方もいて少な目の4人(ひろっぴさんうーのさんさっちゃんと私)。ほぼ糸魚川メンバーで気心知れて脚もそろって、地元ひろっぴさんの案内で四人で先頭交代しながら走り、自然食のランチ、松尾芭蕉の立ち寄った雲巌寺、那須の与一の郷ではジェラート(トウガラシ、甘酒、ほおづきなんと鮎ジェラートも!もちろん普通のもありますよ)。時々小雨に降られながらも、適度なアップダウンありで70キロ走りました。
0001425M.jpgNCM_0097.jpg

二日目大田原の宿スタート伊王野経由して那須高原方面へ。
那須高原は、やっぱり乳製品でしょ!走って牛乳、チーズケーキ。走ってプリン、コッペパン。走ってジェラート。と言ってもみんなで一人分を分け合って。
そして6月末に行われた那須の全日本ロードレースコースもしっかり走ってきました。
そして帰りは温泉→新幹線で暑い埼玉へ帰りました。
気温も道も走りやすかった那須のサマーキャンプでした。
0001425_2M.jpg
0001426M.jpg






東京糸魚川ファストラン

今年の糸魚川は雨とパンクの糸魚川(泣)。ねこばば さちです。

チームからの参加はねこばばからあっきーさん、ひろっぴさん、私の3名。
私たちは、皆2:45の同時スタート。
アスペンからうーのさん、ひーちゃん。ねこばばのサポートとして、
ひろみさん、うーのパパさん。

ところが、残念ながら、ひーちゃんは直前の故障により、サポートに
回ることになりました。道中会おうね!とハグして、まずは3人スタート。

start

ねこ3人+きんじさんでスタート。最初は、順調に4人で先頭交代しながら、走り出します。
きんじさんのペースが速いので、男性は違うなぁと思っていたら、韮崎あたりで、「早すぎるよ~ もう
降りるから~」とのことでお別れ。ゆっくり引いてくれたんで良かったのに~

富士見峠を越えるあたりから、ぽつぽつ雨が・・・ 諏訪では、本降り!
CP1にはずぶぬれで到着。寒いので、レインウェアを着込み、体が冷えないうちに、
出発。が、直後の塩尻峠で、土砂降り><。 塩尻の下り大好きなのに、全然スピードが出せず。
その後も、雨の中CP2まで。直前で、アスペンのマスターと一緒になり、少しお話ししながら走りました。

CP2で、うーのさんと合流!ねこ列車が4人になりました。
ひーちゃんとも会えて、暖かい励ましをもらって元気百倍!
が、ここで、アクシデント。寝かせておいたあっきーさんの自転車の
サドルに、別チームのサポートカーが乗り上げ!!
歪んでしまいました・・・
サドルの位置を再調整して見たところ、
少し、変な感じは有りながらも走り出せそうだったので、そのまま続行することに。

先頭交代しながら、長野市街へ。雨が止んで、少し、暖かく。
登りのルートは、私の足に合わせて、北国街道を
選択してもらいました。標高が上がっていくに従い、空気がひんやり。
登りで暑くなった体にちょうど良い~

いつもだと、長い登りで、みんなに置いて行かれてしまうのですが、
今回は、ギアとホイールを新調して、登り仕様にした甲斐がありました!
くるくる回して、ついていける~ 感激~
そうこうしているうちにCP3へ。ここまでは、予想以上に順調にやってこれました!

最後のCPだけど後90km。ガス欠に備えて、
アンパンや、果物を詰め込み、いざ出発!
しかし、今年はここからが、長く、つらい糸魚川でした。

まずねこ4人列車に襲い掛かったのは、数メートル先も見えない濃霧。
信号も、直前でようやく見えるので、怖いことこの上なし。路面も悪いし。
更に濃霧過ぎて、長野市内でせっかく乾いたウェアがまたびしょびしょ。
この霧、あらい道の駅付近まで続きました。
ここでも、せっかくの下りなのに、スピードが出せず。

あらい辺りでようやく霧も晴れ、乙吉を曲がってしばらく行ったところで、
私の後輪から「パンッ」と破裂音。あーパンク~ ということで、修理のためのロス10分。
無事変え終わって、もうすぐ日本海というところで、レグルスのランディスさんと合流。
しかし、ランディスさんも、一度ガンガンに引いてくれたあと、「ペースが速いし、膝が痛いから~」と
列車を降りてしまわれました。

順調にねこ4人列車で、ゴールまで行けるかと思われたのですが、
名立のあたりで、また私がパンク!よく見ると、クリンチャーのサイドに亀裂が。
サポートのうーのパパが、応急処置として、ガムテープで補修してくれました。
ちょっと膨らんでるものの、圧下げ目にすれば、行けるかも?と走り出し。
ここでも30分位?ロス。
そして、今度はみのりのいとうさん列車に。
どきどきしながら、能生を過ぎ、このまま行けるかも?と甘い期待を
抱いたころ、またパンク・・・ もう、チューブもなく、裂け目もかなり大きくなってきていたので、
ここでリタイヤの決断をしました。
残り10kmだったのに、悔しい~

気持ちを切り替えて、ゴールへ先回り。
ねこ到着を待っていてくれたひーちゃん、レグルスさん達のもとへ。
駐車場から、走って登場した私にみんなびっくり。
経緯を説明したら、ひーちゃんが良く頑張ったわね~と抱きしめてくれました。
ありがとう~

そうこうしているうちに、皆がゴール!
私のパンクに何度も付き合ってもらったため、すっかり暗い時間に
なってしまいました。
みんな、お疲れ様、そしてありがとうございました!

ゴール

後日、自転車屋さんに、クリンチャーの裂け目を見せたところ、
特定できないものの、サイドこすった時の衝撃が伝わっちゃったのかもねとのこと。
これからは、サポートカーに予備のクリンチャー、自転車にタイヤ用パッドを載せて、
二度と同じ理由でのリタイヤがない様にしよう!と固く誓った今年の糸魚川でした。


続きを読む

那須ツーリング

ねこばばのさちです。
4月29日 ねこばば3名+αの5名で、糸魚川の練習を兼ねて那須ツーリングに行ってきました。

埼玉組のあっきーさんと私は、新幹線で0750那須塩原へ。自転車を組み立てていたら、売店に
品出しに来ていた業者の方から、「頑張ってね」とプリンをいただいてしまいました。
まだ1mも走っていないのに。那須の方は優しい♪ 
「帰りにお店によります」と約束して、合流した裕子さんと、まずはりんどう湖目指して走り出しました。
ゆるーい登りを13km行ったところで、ひろこさんが「素敵な喫茶店でお茶しない?」 とSTOP。
NHKの番組 チャリダーで取り上げられたことがある自転車乗りには有名な喫茶店 スダ珈琲でした。

DSC_0972 (1)

美味しいコーヒーをおしゃれな空間でいただいて、りんどう湖で残り二名と合流。ゆうこさんと、トライアスリートの
ひろこさんのお友達。那須在住の3人に導かれ、どんどん山の方へ~
那須フラワーワールド、アルパカ牧場、マウントジーンズ、八幡峠を超え、最終的には大丸まで。
これって、那須ヒルクライムのコースのようですけど!!
りんどう湖では、遠くにかすんでいた那須岳が、目前に!
DSC_0983_20150506211912ad3.jpg

私の足では、他のメンバーについて行くことが出来ないので、途中途中で、待っていただいて、申し訳ないです。足もパンパン。でも、八幡峠では、眼下に広がる那須塩原の街並。ここまで、自分の足で登ってきたなんて感動です。

DSC_0977_201505062119139c0.jpg

大丸で、お昼御飯を食べて、那須ハイランド経由で、りんどう湖まで。ここで二人とお別れして、
また三人で那須塩原まで。
朝の約束通り、プリンをいただいた売店でお買い物をして、帰路へ。
走行距離90km、獲得標高1517mでした。お天気にも恵まれて、那須を満喫できました!!

三春滝桜ツーリング

チームねこばばのあっきーです。

前週の加藤さんの三春の滝桜情報を聞いて、今週行こう!と考えていると加藤さんも日曜なら行けるとのこと。
「では、二人で!」前日打ち合わせで、三春から南下するコースを考えて福島三春へ出かけていきました。

滝桜満開の情報と、なるべく長い距離を走りたいということから、朝八時に滝桜へ到着しました。
付近の道路は渋滞、すでに開園していて滝桜のまわりはたくさんの人でにぎわっていました。
滝桜は、その名の通り滝のように満開の桜の花を咲かせていました。回りの桜や、菜の花、水仙も咲き春爛漫です。
NCM_0138.jpg

加藤さんおすすめおおはたやさんのピーマン味噌のついた三角油揚げをおなかに、一口サイズのおからドーナツとおにぎりを補給食としてリュックにつめ、次の地蔵桜へ。地蔵桜も滝桜より濃い色の花を咲かせてくれていました。
NCM_0167.jpg


桜でにぎわう三春を出発し県道をあみだくじのように南下して行きます。
関東平野とは違い上って下っての道路、これもサイクリングの楽しみ??春の南風に向かって進みます。ちょっときついコースでも行く先々の桜の花が目を楽しませてくれて最高に気持ちいいな~と感じます。
時々、地図を確認しながら次は東山道時代の白河の関へ向かいます。
と、私のサドルに異変が!走り初めから気になってサドルの角度を時々直しボルトを締め直し走ってきていたのですが、とうとう締め直してもずれが止まらずサドルに座れない状態になってしまいました。
でももうすぐ県境、ダンシングしたり座れないサドルになんとか座りながら白河の関所、追分明神味わいのある旧道をなんとか走りました。NCM_0184.jpg
ダンシングもそろそろ限界・・・黒磯のカフェグランボア(那須サイクリングの方の素敵な建物のお店)をゴール地点になんとかたどり着きました。
DSCF6236[2]

郡山駅から黒磯まで110キロ、後半のトラブル発生もあったけどなんとか無事到着。
また、八ヶ岳HCに参加していたひろっぴさんも那須へ戻ってきていてグランボアへ来てくれました。
ちょっと早めですがおなかぺこぺこの私たちは、おいしい夕食デザート付で大満足!ごちそうさまでした。

三春滝桜、いい感じの街道、後半ののろのろに付き合ってくれた加藤さんありがとう。
三春滝桜ツーリングがより印象的なツーリングになりました。
ほんと出かけてよかった!!超おすすめです。
NCM_0156.jpg
DSCF6234[3]








郡山〜三春(滝桜)〜いわきのお花見ポタ

加藤@ねこばばです。

今年初のロードサイクリングしてきました。
毎年恒例の三春の滝桜見物です。
今回はねこばばメンバーズと予定があわなかったので、別メンバーと2人でした。

往路は郡山まで新幹線輪行。
郡山は大宮から1時間弱なのであっという間。
朝9時すぎに走り出して三春へ向かい、まずは里山の春を満喫し、ダム周回。
人や車で大渋滞の中、滝桜へ向かい、300円払って中へ入る。
滝桜だけ見るなら観覧券買わなくてもいいのだけど、この桜を守っていくにはやはり管理費がかかるのだから、
行ったからには300円払って中に入っていこう。
この300円がまた来年の桜ポタにつながるのだから安いものだ(笑)
滝桜を見てから、茶屋で玄米パンとコーヒーで軽くブランチ。
おおはたやの油揚げも食べたかったのだけど、多くの人が並んでいたので、またの機会にして、地蔵桜へ。
地蔵桜はまだ蕾でした。
来週あたりはいい感じになるかな。

今回は南下して那須塩原へ向かうか、東へ向かっていわきへ出るか迷ったのですが、
3/14にダイヤ改正されたスーパーひたちに乗りたくて、いわきへ行くことにした。
まずは中田町〜小野町へ向かい、小野町からは磐越東線沿いの夏井川に沿って県道41(66)号を走る。
途中、夏井川沿いに鯉のぼりが泳いでいて、ここも桜並木が素晴らしいのだが、まだ咲いていない。
こちらも来週以降は素晴らしい景色だろう。
道は下り基調なので走りやすい。

途中夏井川渓谷では対岸にヤマツツジが山肌をピンク色に染めていて、とても綺麗だった。
これもまだまだ咲き始めで、これからだ。
ここは紅葉の頃も素晴らしい渓谷道。
ロードツーリングにはとてもよい道である。

夏井川渓谷を過ぎると背戸蛾廊の登山口。
「背戸蛾廊」とは「大小さまざまな滝を持つ美しい渓谷がつづき、上流から山づたいに一周できる
約8.4kmのハイキングコース。所要時間約4時間半。爽快な沢のぼりや迫力あるロッククライミングなども楽しむことができる」という福島では有名な超級ハイキングコースである。
いつか歩きに行ってみたいと思いつつ、行けずにいた背戸蛾廊。
次回は自転車ではなく、歩きに来たい。

こうしてお花見しながら、景色を見ながら、ブラブラ走って、いわき駅到着は16時前で、距離はおよそ90km。
郡山から三春、小野町までは多少のアップダウンはあるが、小野町からはほぼ下り基調なので、
ロード初心者でも比較的簡単に走れるコースだ。

福島の桜のシーズンはGW前くらいまでは十分楽しめるので、機会があれば走りに行ってみてほしい。

滝桜ポタ2
滝桜ポタ
滝桜2015






春合宿(練習会)

3/21 日帰り練習会に行って来ました!(元)

曇り空のなか、新しい仲間を加えた7人で越生の梅林を目指し、いちごの里 吉見道の駅を9時ごろ出発→
大東文化大学そばの物見山を超えた所で、サイクリストの男性に声をかけらた。ねこばばのチーム名が
いいのか、ジャージのデザインがGoodなのか、Hちゃんがステキなのか写真を撮られた!! →
→ 越生町の避けては通れぬパン工房「シロクマ」にチョイと休憩~
そこでも、男性サイクリスト2名がいてあちらからか、こちらからか声をかけたら、なんと!彼の先輩が、
チームねこばばに入っていた女性だとか… で、今年は創立何十年だっけ? のお喋りをしながら →
青空になったような空の下で満開の梅林を堪能しました。 → 笛吹峠を超え → 渡辺豆腐で休憩  →
吉見道の駅に13時ごろ到着! 約50kmと予定通りの練習会でした。(走行距離個人差かなりあり)
皆さん、それぞれお疲れ様でした!

neko1_20150322115359efc.jpg 
Oちゃん写真ありがとう!私の撮った写真NGでした|д゚)

neko2.jpg 
満開の梅に満開の笑顔♡







           

ツール・ド・三陸

元です。

今年も参加して来ました!
実は迷っていたのですが、去年同じコースで走った友達が、「また一緒に走ろうよ!」
と、いう事であっきーさんと一路東北に車を走らせて行って来ました。
土曜日は小雨から雨の中、高速道路を飛ばし、気仙沼で友達2人とホテルで合流し、
女4人で、夜の復興屋台村で地酒に海鮮料理が美味しそうなお店に入り、同じツールド三陸
に参加するという男衆ともお喋りした前日の夜でした。
もちろん、去年も寄ったカフェ「アンカー」さんに寄ってパーカーも買っちゃいました。 
NCM_0370.jpgアンカーカフェ(焼きドーナツがおいしい)NCM_0371.jpg                 
 気仙沼復興屋台村

当日の天気は大晴天!  でも前日の雨で開会式予定のグラウンドは酷いぬかるみで、
急きょ駐車場がスタート地点となりました。
去年は900名弱の参加者も今年は1000名を超えたとか、
くるん2のOさんとスタート前NCM_0384_201411091629318e9.jpg

50キロとはいえアップダウンがある道を沿道のそれぞれの家族総出の声援に熱くなりながら走ると、
来ました!着きました!志田民宿さんの大漁旗!!NCM_0395.jpg
が、私はここでグループから離脱…NCM_0388.jpg
今回一緒に走ったメンバー達

私の自転車のチェーンが走り出そうとすると外れそうになって走行不能、回収車が来るまで志田民宿さんで待機です。
志田さんの三男坊のお孫さんが、「どうしてここで休んでいるの?」私「自転車が壊れたの」三男坊「自転車のせいにして休んでいる!」と言われたが、彼が飼っているかなへびを撫でてやったら、ニヤリとしてた。
トラブルがここ志田さんの所で良かったよ~
会場で先にゴールしていたあっきーさんらと合流して、飯です!
今年は産業まつりと一緒になったので、各テントに海産物やら地元の食材を使った食べ物が沢山出ていました。
NCM_0404.jpg
豪快に鮭半身を入れた焼きそばを焼いていました。

帰りは、佐藤輪業さんに立ち寄り、またまたホタテにホルモン等をごちそうになりお世話になりました。
そして、碁石海岸のそばの海楽荘で海を見ながらの贅沢な露天風呂を満喫して、最後の日は南三陸へと足を延ばし
伊里前福幸商店街に寄ってお喋りして来ました。
近くの田束山に(車で)何故か迷いながらも秋の紅葉を堪能して帰ってきました。
NCM_0435.jpg おねえさんも、持っている切り絵もキレイ!
NCM_0453_20141110172858148.jpg 田束山(たつがねさん)からは南三陸の海岸線が一望できます。










大島ロゲイニング

台風に怯えながら、10/4の伊豆大島ロゲイニングに参加して来ました。

じゅんこ&さちの2名チーム。
雨の6時間を覚悟していたのですが、たまに日差しも出る曇り空をキープ。
「ゆるゆる買い食いしながら過ごそうね」なーんて言ってたのに、
いざ地図を配られると、いろいろ回りたくなっちゃって、大興奮!

バス使用OKだったので、4回もバスに乗り、更にほぼ歩きでしたが、
休まずに、結構頑張りました。きれいな景色や、ソフトクリームなんかも楽しみながら♪

DSC_0234.jpg

そして、がんばった甲斐あって女子6時間の部で、なんと優勝!
女子カテゴリーのエントリーチームは4チームなので、かなりインチキくさいですが、
優勝は優勝です!!

夕食は、民宿で、豪華なお刺身。すごくおいしすぎて、満腹中枢が壊れました。
で、お腹が割れるかと思うくらい詰め込み・・・  そのままお布団へ。

DSC_0261.jpg

次の日起きたら、台風っぽい大雨。乗るはずのジェット船が天候調査中に。
なんとか無事に帰ってこれましたが、すごく揺れるし、途中異物が引っかかったみたいで、
荒波の中止まるし。ここ数年で、一番のスリルを味わいました~

DSC_0267.jpg

奥名栗ツーリング

22日 うーのさん、ひーちゃん、あっきーさん、さちの4人で、上名栗方面へツーリングに行ってきました。
今回の目的は、週一日しか営業していない赤沢スイーツ!

DSC_0149.jpg

まずは、飯能で集合。そして、目指すは赤沢スイーツ。しかし、まずはお腹を減らすところから。
小沢峠、山伏峠へ。前に一人で来たときは、とってもきつい坂だったのですが、今回、楽しくおしゃべりしながら
上ったせいか、あっという間でした~

お腹を減らして、まずは、ターニップでランチ。私とうーのさんは焼きカレー。ぐつぐつ状態で運ばれてきました。
チーズとカレーが最高!!ひーちゃんとあっきーさんはコロッケ手羽先カレーを。それもおいしそうっ。

DSC_0151.jpg

そして、いよいよ赤沢スイーツへ!バス通り沿いにあるのですが、少し奥まった民家で営業しているので、
とても見つけずらい。おしゃれでこじんまりとしたかわいいお店です。
今回は、このためにリュックを持って来たの~
目移りしながら、かわいいお菓子をカゴの中へ。試食もさせていただいて、幸せ~
やっぱりおいしい。

DSC_0152.jpg

興奮して、いっぱい買っちゃった。今回の戦利品。
今回のツーリングも、美味しいもの食べて、沢山おしゃべりして、峠も満喫して。
楽しい一日でした。プラン組んでくれたひーちゃん、山伏峠をずっとしゃべりながら
上ってくれたうーのさん、吉見から一緒に走ってくれたあっきーさん、ありがとうございました~
お菓子は自宅でおいしくいただきました!

DSC_0156.jpg

グルっとまるごと栄村100kmサイクリング(後半)

あっきー@ねこばばです。

加藤隊長からのご指名で栄村後半レポです。

去年は、朝からトラブル発生と前半の雨で、余裕がなかったけれど・・・今年は

集落NCM_0340.jpg
こんな景色や
牛
ウシさんたちと記念撮影や
スイカエイド
エイドもぜーんぶよってゆっくりいろいろいただきました!
津南ポスター
栄村ではないけれど昨年同様、あまーいとうもろこし、なすやキュウリの漬物だしてくださってる津南町のエイド。
このあったかい感じがまた来たくなってしまうのです。
パニーニ
ゴール後は、完走メダルを胸にパニーニとコーヒー牛乳でお疲れ様。
みのりのおふたりさま、ご一緒ありがとうございました。
おかげで平らな所がほとんどないコースをぐるっと楽しめました。

それにしても栄村、ほぼひとつの村で100kmサイクリングができてしまうとはどれだけ大きいの!
自転車で2周(昨年、今年)してもまだまだ見きれない!
とっても魅力あふれるところです。
今度は山も含めまた行きませんか!!
ようこそ Team ねこばばへ
プロフィール

チームねこばば

Author:チームねこばば
女性だけのロードチーム。その歴史は古く1987年に日本のトップ選手だった先輩たちが女子のロードレースの底辺拡大のために始めたサマーキャンプがきっかけで集まったグループ。最近はロードレースにチームとして出ることは少なくなったが、今でも夏に自転車(単独、集団)に乗るためのマナーやルールを勉強するサマーキャンプを開催し、メンテナンスや部品の名前を覚える、自転車の基本操作(S字や八の字、片手運転などなど)を、初心者も交えて練習している。(会員の中には地元のクラブチームで実業団登録して活躍している人や、ブルベ関係者(PBP2回完走しています)もいるので、レースやブルベに出たい人はクラブ紹介や相談もできます)またロードバイクのほかMTB、トライアスロン、マラソン、水泳、
登山、スノーシュー、トレラン・・・を口実に、おしゃべりを楽しんでいます。

★チームに関する問合先★
<ねこばば事務局> hiroppi_6@hotmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。